ICPD+MDGs

国際人口開発会議とミレニアム開発目標

「人口」・「持続可能性」・「人権」の関係についての考え方は、過去半世紀において大きく変わりました。そして、この変化は1994年にエジプトのカイロで開催された「国際人口開発会議(ICPD/カイロ会議)」に端を発しているといっても過言ではありません。なぜなら、この会議を境に、個人とその人権は、人口と開発に関する中心的な課題であることが国際的に合意され、さらに、性と生殖に関する健康/権利(SRH/RR)と、開発の様々な側面との関連性が新たな観点から捉えられるようになったのです。この人権重視の考え方に関する国際的合意は、その後に続く第4回世界女性会議(1995年)やミレニアム・サミット(2000年)などの、国際フォーラムや国際開発計画の礎となりました。

国際人口開発会議で採択された「行動計画」は、5年後(ICPD+5)の見直しにより追加された基準とともに、ミレニアム・サミットで採択された「ミレニアム開発目標(MDGs)」に影響を与えています。「行動計画」と「ミレニアム開発目標」は互いに補完関係にありながら、開発計画の基礎となっており、生活水準を高め、性と生殖に関する健康/権利を推進し、そしてジェンダー(男女の社会的性差)の平等を目指す国連人口基金(UNFPA)の取り組みと指針となっています。