用語集(は行)

ピア・エデュケーション / Peer Education

同世代での教育・啓発活動。同じ年代のなかで中心となる啓発リーダーを任命し研修などを行った後、そのリーダーが対象グループのメンバーに学んだ内容を伝える教育、啓発手法。同世代から教わることで、より親近感を持って受け止めることができる。同年代同士であれば性に関わる問題でも話しやすく、共通の理解が促進されやすい特徴があることから、主に思春期保健などの分野で活用されている。

このページのTOP

ピア・カウンセリング / Peer Counselling

大人の考えを押しつけるのではなく、同世代の人同士が、対等な立場で、話を聞き合うこと。一方的に知識を与えるのではなく、相手の意見も尊重しながら、話し合いを進めることによって、抵抗をなくし、問題への対処の仕方や正しい認識を共有していく。
性教育の場面では大変有効であるとされ、性の問題をより身近に感じ、正しい自己判断をすることを若者に促す。

このページのTOP

避妊薬(具)/ Contraception

望まれない妊娠や、性行為による感染症(HIV/エイズを含む)を予防するために使用される薬具。男性用コンドーム、女性用コンドーム、ペッサリーや、ピル(経口避妊薬)、不妊手術などさまざまな種類がある。

このページのTOP

フィスチュラ / (産科ろう孔) / Fistula

膣、直腸、膀胱、腹腔、子宮など、産科に関連するいずれかの器官がつながったり、孔(穴)があくことによっておこる女性の疾患で、慢性的失禁などを伴うことが多い。難産や、適切な産科ケアを伴わない出産・人工妊娠中絶、女性性器切除、性感染症などにより生じる。慢性的失禁などのため、患者は社会的疎外や差別を受けることが多い。日本でも明治時代頃までにはあったとされる疾病。

このページのTOP

プライマリー・ヘルス・ケア / Primary Health Care

個人や家庭が利用できる病気の治療や予防・健康の維持促進のための基本的な保健サービスであり、ヘルス・ケア・サービスの支柱となるものである。病気とその予防に関する教育、家族計画を含めた母子へのヘルス・ケア、主な感染症に対する予防接種等を含む。

このページのTOP

平均寿命

0歳時点の平均余命のこと。国や地域の医療・衛生水準を表す指標として用いられている。世界保健機関によると、2014年発表のデータでは日本が最も長寿の国となり、男女平均寿命が84歳。日本人女性の平均寿命は世界最長で87.0歳、日本人男性は80.0歳で世界第8位である。低所得国では大きな進歩を遂げており、1990年には51.2歳であった平均寿命が2012年には63.1歳まで伸びている。

このページのTOP

平均余命

ある年齢の人々が、今後何年生きられるかという期待値。ある年齢における生存数を基に、これらの生存者がその年齢以降に生存する年数の平均を計算する。

このページのTOP

Last updated: 2014-08-08