プレスリリース 2003年6月

10億人の若者:健康、情報、サービス受給の権利
~国連人口基金、若者の支援に向けた更なるアクションを要請~

2003年6月5日
国連、ニューヨーク本部

東ヨーロッパにおいてHIV/AIDSは世界で最も早く広がっている。しかし、教養のある東欧の若者は、自分達の身を守るはずのコンドームを使用しない理由をいくつも列挙するのである。

例えば、「(コンドームを使用するのは)恥ずかしい」とこわもてのおしゃれな若者は言い、「(セックスは)自然なままが良い」と腕いっぱい入れ墨がある黒ずくめの男は認め、「私たちは信頼し合っているので」と抱き合ったカップルは言う。

このような若者の姿勢を前面に押し出した新しい広告キャンペーンが国連人口基金の支援により、ワシントンに本部を置くソーシャルマーケティング団体の国際人口事業(Population Services International)が手掛けている。

「あなたの言い訳は何ですか?」というフレーズがこのキャンペーンのスローガンで、うたい文句は「言い訳は通用しません。コンドームを使いましょう」である。

このキャンペーンは15-25歳の若者を対象にし、広告、ポスター、Tシャツ、テレビ・ラジオを通じたコマーシャル、コンドームの包装等が含まれており、全てにダークな色調を使用した最先端の写真やセクシーで地味なモデルを使用している。このキャンペーンは2003年4月にベオグラード(セルビア・モンテネグロ)のアダ湖と5月にブルガリアのソフィアで開催されたスポーツと音楽のイベントから始動し、約10万人の若者が参加した。またこのイベントは近々、ボスニア・ヘルツェゴヴィナで開催される予定。イベントに参加し、11都市でビラを配ったボランティアは、このキャンペーンが若者の現実的な経験や気持ちにもとづいていると賛同を示した。

調査によると、コンドームの値段ではなく若者のライフスタイルや態度がより東欧の若者のコンドーム使用を妨げている。「あなたの言い訳は何ですか?」は、東欧の若者に対してより安全な行動をとってもらうための1つの社会的なマーケティングキャンペーンであるといえる。「私は、私がしたいことをするけれど、何をしているかはきちんと理解している」というスローガンを使用したもう一つのキャンペーンは、やはり国連人口基金が支援しているアルバニアの若者を対象としたキャンペーンである。

性感染症を予防するためのコンドームの使用は、特に東欧地域では大変重要でタイムリーなメッセージである。なぜならHIVの流行が急速に進んでいる中で実際にHIVに感染しているのは今現在東欧人口の1%弱にとどまっているからである。

東欧でのHIV/AIDS感染は当初、麻薬使用者間の注射針の使い回しにより広まったが、現在では性交渉により感染が拡大し急速に一般の人々をおびやかし始めている。東欧におけるその他の性感染症の流行がHIV/AIDSの性感染をも容易にしている。また、ソビエト連邦の崩壊に伴い国境間の流通が容易に麻薬の使用が増加していることも一因となっている。

HIV/AIDS予防プログラムが充実している中央ヨーロッパのいくつかの国では麻薬使用者間の感染を抑えることにより、一般への感染拡大も防ぐことに成功している。

若者に危険な性行動を避けるように説得する事は東欧地域における国連人口基金の活動の最優先課題である。青少年のリプロダクティブヘルス・ HIV/AIDSに関する国連人口基金の専門家、アレクサンダー・ボディロザ氏によれば、現在、東欧の好機の窓は閉じられ、HIVは伝染病的に広がっている。若者の行動の改善に焦点を絞り介入していくことで、何百人、何千人の若い命を救うことが出来る可能性がある。ボディロザ氏はまた、現在、東欧地域のたった40%の在学中の青少年と3%の就学していない青少年だけがこの様な行動改善プログラムにアクセスすることが出来ると付け加えた。

「あなたの言い訳は何ですか?」キャンペーンの様なマーケティングキャンペーンは国連人口基金が支援するHIV/AIDSを含む性感染症の拡大を防ぐ行動改善戦略の1つである。その他の戦略としてはピア教育や「若者に優しい(youth-friendly)」リプロダクティブ・へルス・サービスの普及等がある。

このページのTOP

リベリア保健省からの報告
首都モンロヴィアにおける劣悪な保健サービスによって女性はさらなる危険にさらされている

2003年6月10日
ガーナ、アクラ

6月9日月曜日、リベリアの首都モンロヴィアとつないで行われた保健省大臣ピーター・コールマン博士に対する電話インタヴューの中で大臣は、2つの公立病院で働く医師と看護師が大量の負傷した部隊や市民の手当てのために超過勤務が続いており、人手と物資の不足のせいで現場は回らなくなってきていると述べた。

大臣はまた、モンロヴィアにある2つの病院のうちの1つでは外科治療の設備が機能しているが、それは今回の暴動が勃発の様相を呈し始める前に、すでに赤十字(ICRC)と他の人道援助団体によって支給されたものであると訴えた。

急を要する妊産婦の何人かは、救急車で機能している最寄の病院に運ばれたが、妊産婦患者は戦闘の継続と、水や食糧、医療サービスの不足のために急激に増えている。

国連人口基金(UNFPA)では先週リベリアに向けて、分娩や病気の治療、輸血の安全性のためのリプロダクティブ・ヘルス用品、医薬品、器具等の救援物資を発送した。しかしリベリアの70%の地域では未だに人道支援の到達が困難な状況にある。戦闘下にあるほかの国同様に、国連人口基金はリベリアICRCや他の国内機関の応援を受けてきた。

国連人口基金のトラヤ・オベイド事務局長は、国連のアナン事務総長や他の国連機関のトップとともに、即時停戦と一般市民への完全なアクセスを訴えている。

10年以上にわたる戦闘と破壊行ためによって既に悲惨極まる市民の状況は、反乱軍の首都進軍によってモンロヴィアの居住地域が戦地化し、膨大な数のリベリア人が四方に避難したことによって、さらに劣悪なものになった。戦火が都心に近づくことを恐れる住民が日増しに首都から脱出する一方で、モンロヴィア周辺の難民キャンプに身を寄せる11万5,000人の多くが首都へとあふれ出している。

コールマン大臣によると、何千という難民のテントが現在では市内のナショナル・スタジアムに移動し、そこでは保健省と国際援助団体は水と食糧、衛生面の基本的なニーズの対処に追われている。しかしそのいずれもモンロヴィア全域で不足しており、さらなる供給が絶対的に必要である。

国連人口基金のスタッフの一人は今朝の電話で次のように話した。「キャンプを離れることを余儀なくさせられ、学校や放棄された公の建物に避難していた人の多くが、今は野宿したり、モンロヴィアから歩いて脱出している。」

リベリアでは10年以上にわたる戦闘の間に、国民230万の半数以上が入れ替わった。多くの人が4、5回住み替えており、「永住なき根無し草」として知られるようになった。教育と保健に関するサービスは国のほとんどの地域で皆無であり、人口の90%以上が極貧の生活(1日1米ドル以下)を送っている。

さらにコールマン大臣は、「妊産婦が貧血症と栄養失調の危険にさらされる率は増加しており、野宿生活を送る人々の増加がマラリアの大発生の誘因となり、これらすべてが妊産婦や乳児にとって死活問題となりうるのだ」と語った。

このページのTOP

国連人口基金からの緊急援助物資、バグダッドに到着

2003年6月11日
国連、ニューヨーク

6月9日、イラクの女性の緊急な要求に応じるリプロダクティブ・ヘルス支援物資が、バグダッドに到着した。国連人口基金(UNFPA)より支給されたこれらの物資は、国連人口基金とUNICEF護衛船に積載され、イランのケルマンシャから国境線を越えて搬送された。

イラン保健省(Ministry of Health and Medical Education)の計らいによって優先的に搬送された物資には、妊娠と出産に関するケア用品、分娩用具、避妊具、注射器、医薬品やその他の医療用品が含まれている。婦人科用ベッド、車椅子、生理用品、乳児用オムツ、衣料、医薬品も国連人口基金のイラン事務所よりまもなく発送される予定である。

国連人口基金は現在、バグダッド周辺でリプロダクティブ・ヘルスと家族計画に関するサービスを提供している18の病院と30の保健施設の緊急査定を進めている。査定は「Enfants du Monde」、「Premiere Urgence」、「Architects for People in Need」などの、NGOのメンバーの協力を得て行われている。この査定結果をもとに、バグダッドに搬入される今回および後続の支援物資は6月中には保健施設に配布が終了される予定。

なお、国連人口基金による今回の援助物資は、4月の戦闘終結後、北部のモースルに対する支給についで2度目の支給となる。

このページのTOP