プレスリリース 2010年6月

ビル・ゲイツ夫妻と人口と開発に関するアジア議員フォーラムに国連人口賞

2010年6月3日
ニューヨーク、国連

6月3日、2010年度国連人口賞授与式が行われ、アーシャ=ローズ・ミギロ国連副事務総長から、ウィリアム(ビル)・ゲイツおよびメリンダ・ゲイツ夫妻と、「人口と開発に関するアジア議員フォーラム(AFPPD)」に人口賞が贈られた。国連人口賞は、人口問題と福祉の領域で多大な貢献をした個人と団体に年1回贈与される。

両受賞者は、人口分野において長年にわたって活動してきた。ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、性と生殖に関する健康、妊産婦の健康、教育などに関する支援を100カ国以上で行っている。AFPPDは、人口、開発、家族計画、HIV/エイズ、ジェンダー(男女の社会的性差)に基づく暴力、そして若者に関する法制度を整備するため、国会議員と協働している。

式典には、夫妻の代理としてビル・ゲイツ氏の実父に当たるウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニア氏が出席した。家族計画を推進する団体の多くが資金調達の問題を抱えていることを指摘し、「私たちは持ちうる中で最も効果的な保健分野の道具への投資を、“いとも簡単に”止めてしまっています。女性の命を守ることに真剣に取り組むためには、家族計画を中心とした対策を取らなければなりません」と述べ、家族計画と人口問題は最優先課題であると強調した。

AFPPDの議長を務める福田康夫元日本国内閣総理大臣は、人口問題は「単なる統計上の問題なのではなく、むしろ1つ1つの数値データは、1人ひとりの命そのものを表わしているのです」と述べ、人口問題の重要性を訴えた。AFPPDの活動は、まさにこの言葉の通りのものだ。

潘基文国連事務総長の代理として出席したミギロ国連副事務総長は、ゲイツ夫妻は「貧しい人々と社会的に弱い立場に置かれる人々を支援する新たな方法に投資するという手法に、人々は驚くとともに大いに刺激を受けました。世界を変える貢献をすることにより、夫妻は模範となる謙虚さを行動で示してくださいました」と述べた。

また、AFPPDは「女性に対する暴力の撤廃や人口問題のあらゆる領域を網羅する法律の導入を見事に推進してきた実績は、本賞を授賞するにふさわしいものです」と加えた。

ゲイツ氏はこれらの言葉を裏付けるかのように、「ビルとメリンダは、AFPPDの優れた業績の継続を支援するため国連人口賞の賞金の全額を寄付することに決めました」と発表した。

このページのTOP

お母さんの命を守るキャンペーン通信 [東京事務所 発行]

2010年6月7日

【1】 6/26(土)国連人口基金親善大使 有森裕子さんと走ろう、歩こう&語ろう!
【2】 オンライン募金サイト イーココロ!にて募金の受付を開始しました。
【3】 受賞作品の発表!「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~
【4】 インターン募集中(締切6/21必着)
【5】 東京新聞 夕刊『放射線』バックナンバー
【6】 活動報告 5月

【活動報告】ご協力どうもありがとうございます! サポーター登録者数:27,645名 (2010年6月7日 現在)

6/26(土)国連人口基金親善大使 有森裕子さんと走ろう、歩こう&語ろう!

国連人口基金親善大使、オリンピック女子マラソンメダリストの有森裕子さんと一緒に皇居を走る(または歩く)「お母さんの命を守るキャンペーン」のチャリティー・ランを、下記のように開催します。 

ランナーとして、親善大使として、いつも「できる人が、できることを、できる範囲で、できる限りする」というモットーで絶えず前進している有森さんも、参加者の皆さんと一緒に走ります。ラン&ウォーク後の懇親会では、世界の人口問題や開発途上国のお母さんが置かれている現状を知り、私たちにできることについて考えてみたいと思います。

普段から皇居周回コースを走られている方や歩かれている方はもちろん、この機会に走ってみよう、歩いてみよう、という皆さんも大歓迎です。

「お母さんの命を守るキャンペーン」のチャリティー・ラン
国連人口基金親善大使 有森裕子さんと走ろう、歩こう&語ろう!


日時:2010年6月26日(土)9:30-14:00 (受付8:00-9:15)
場所:受付 - ランナーズステーション麹町店
    ラン&ウォーク - 皇居周回コース
    懇親会 - 麹町カフェ
主催:国連人口基金(UNFPA)東京事務所
協力:アミノバイタル・株式会社 資生堂・独立行政法人 国際協力機構(JICA)ランニングクラブ “JICAランナーズ”
申し込み:募集人員70名(締切:20日、但し、先着順ですので募集人員に達した時点で締め切ります)

オンライン募金サイト イーココロ!にて募金の受付を開始しました。

この度、オンライン募金サイト イーココロ!から、「お母さんの命を守るキャンペーン」にご寄付いただけるようになりました。キャンペーンパートナーの特定非営利活動法人2050のページから募金が可能です。

受賞作品の発表!「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~

国連人口基金(UNFPA)東京事務所は、4月26日(月)から5月9日(日)まで、「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~をTwitter上で開催しました。110文字という短いつぶやきながら、とても心温まるメッセージを多数ご応募いただきどうもありがとうございました。

この度、21作品の受賞が決定いたしましたのでお知らせいたします。こちらのリンクからご覧いただけます。

なお、賞品の発送については、受賞者の方に直接お送りすることになっています。受賞者の方は、ダイレクトメッセージでご連絡を差し上げますので、当事務所のアカウントをフォローいただけますようお願いいたします。

※受賞作品は、選考委員が共感、感動した作品を選考したものであり、作品の優劣によって決められたものではありません。

インターン募集中(締切6/21必着)

現在、当事務所ではインターンを募集しています。
こちらから募集要綱をご確認の上、お申し込みください。

東京新聞 夕刊『放射線』バックナンバー

東京新聞では、月~土曜の夕刊1面にコラム「放射線」を連載しています。

2010年1月~6月毎週火曜日の同コラムを、東京事務所長の池上が執筆を担当しています。コラムは1面に掲載されていますので、ぜひご一読ください。

【バックナンバー】
第21回 6月1日「教養教育」
第20回 5月25日「女性大学」
第19回 5月18日「生物多様性の日」
第18回 5月11日「母の日に」

バックナンバー一覧はこちら

活動報告 5月

5月24日(月)NHKラジオ第1「私も一言!夕方ニュース」に所長の池上が出演しました。
5月16日(日)「GLAMOROUS MAMA PROJECT The PARTY !」が開催されました。
5月14日(金)「お母さんの命を守るキャンペーン」支援展示会と講演会が開催されました。
5月9日(日)「GLAMOROUS MAMA」写真展が開催されました。
5月8日(土)TOKYO FM「Earth & Humanity」に、所長補佐の上野が出演しました。
5月7日(金)レスリー・キー「SUPER TOKYO」写真展が開催されました。

国連人口基金(UNFPA)東京事務所は、2009年6月22日から2010年7月11日の「世界人口デー」までの約1年間、「お母さんの命を守るキャンペーン」を日本国内で実施しています。
国連人口基金東京事務所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル7階
TEL: 03-5467-4684 FAX: 03-5467-8556
tokyo.office@unfpa.or.jp
http://www.unfpa.or.jp/mothers
http://twitter.com/UNFPA_Tokyo

このページのTOP

有森裕子 国連人口基金親善大使が「女性スポーツ賞」を受賞 [東京事務所 発行]

2010年6月25日

有森裕子 国連人口基金親善大使が「女性スポーツ賞」を受賞しました。

これは、女性のスポーツ参加などに貢献した関係者や組織を称えるため、国際オリンピック委員会(IOC)が2000年に創設した賞で、毎年五大陸から一人ずつ受賞者が選出されます。今年のアジアからの受賞者として、有森裕子 国連人口基金親善大使が選ばれました。同賞を日本人が受賞するのは初めてです。

有森氏は、1992年バルセロナ五輪で銀メダル、96年アトランタ五輪で銅メダルを獲得。引退後は特定非営利活動法人「ハート・オブ・ゴールド」を設立し、カンボジアでのハーフマラソンを通じて地雷の犠牲となった子どもたちのスポーツ参加を支援するなど、国際的な社会活動をする傍ら、2002年から国連人口基金の親善大使に就任しました。

国内外のスポーツイベントや講演会を通じて、女性や子どものスポーツ参加を推進しながら、親善大使として、毎年アジアやアフリカの開発途上国を訪問してきました。視察の後には、女性の地位向上やジェンダーの平等、HIV/エイズ予防の重要性を、一人でも多くの人々に知らせるため、日本国内での講演会やマスメディアを通じた啓発活動に取り組んでいます。

アスリートとしての社会的地位や影響力を活かし、女性や若者たちにとってのロールモデルとも言える有森氏の実績が評価された素晴らしい受賞です。

有森裕子 親善大使のコメント:
このような素晴らしい賞を、アジアの代表として頂けたことは、私にとりまるで夢のようです。権威あるこの賞を、まだ43歳しか生きていない私が受賞するのは早いような気さえします。しかしこの賞は、私にというよりも私の周りで共に活動し、支え頑張ってくださった多くの人たちに与えられた賞と考えて、胸を張って今日のこの日を心から喜びたいと思います。

このページのTOP