プレスリリース 2010年5月

お母さんの命を守るキャンペーン通信2 [東京事務所 発行]

2010年5月20日

5/30(日)世界を変えるデザイン展のトークセッションで東京事務所長がお話しします

5月15日(土)から6月13日(日)まで、「世界を変えるデザイン展」が東京ミッドタウンで開催されます。会期中には開発途上国に住む人びとが直面する、さまざまな課題を解決してきた“デザイン”が展示され、展示物の開発者など、世界を変えるデザイナーが参加するワークショップなどが開催されます。

5月30日(日)には「Life~日常の生活から感じる世界とのつながり~」と題したトークセッションとワークショップが行われます。トークセッションでは、世界共通の「Life(生活・命)」を軸として、“食” “ファッション” “保健” をテーマに活動する4人のスピーカーのトークをきっかけに、「ご飯を食べる」「服を着る」といった日常習慣の先に、世界とのつながりを感じていただきます。
国連人口基金東京事務所からは所長の池上がスピーカーとして参加します。

是非ご来場ください。

世界を変えるデザイン展「Life~日常の生活から感じる世界とのつながり~」

日時:2010年5月30日(日)13時~17時(懇親会 17時~18時)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ内インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
主催:世界を変えるデザイン展実行委員会・日本財団・特別非営利法人CANPANセンター

5/31(月)「いっしょに国連セミナー」に参加しよう!

5月31日(月)に、国連広報センター(UNIC)の主催する「いっしょに国連」キャンペーンの一環として、第3回「いっしょに国連セミナー」が開催されます。毎月1回開催される本セミナーでは、参加者がさまざまな国連機関や関係団体の皆さんと「いっしょに」国連の活動やグローバルな課題について学び、理解を深め、具体的に自分に何ができるのかを考えていきます。

「いっしょに国連セミナー」の第3回目では、東京事務所長の池上がゲスト・スピーカーとして、「ミレニアム開発目標とお母さんの命」をテーマに、国連人口基金の活動について紹介します。

いっしょに国連セミナー「ミレニアム開発目標とお母さんの命」

日時:2010年5月31日(月)18時~19時(受付17時30分~)
会場:国連大学ビル8階 国連広報センター(UNIC)
主催:国連広報センター

アフリカン・フェスタ2010

6月12~13日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場でアフリカン・フェスタ2010が開催されます。アフリカの食べ物、音楽、ダンスショーに加え、ファッションショーやワークショップも行われる予定です。
本イベントには、国連人口基金東京事務所もブースを出展します。

今回が「お母さんの命を守るキャンペーン」最後の野外大型イベントとなります。是非皆さま、積極的にご参加ください。

アフリカン・フェスタ2010

日時:6月12日(土)12時~17時
13日(日)11時~17時
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場、及び横浜赤レンガ倉庫1号館1階

東京新聞 夕刊『放射線』バックナンバー

東京新聞では、月~土曜の夕刊1面にコラム「放射線」を連載しています。

2010年1月~6月毎週火曜日の同コラムを、東京事務所長の池上が執筆を担当しています。コラムは1面に掲載されていますので、ぜひご一読ください。

【バックナンバー】
第14回 4月6日「国勢調査」
第15回 4月13日「五十の手習い」
第16回4月20日「人口置換水準」
第17回 4月27日「レスリー・キーさん」

バックナンバー一覧はこちら

サポーター登録の呼びかけにご協力をお願いします。

ご近所・友達・サークル・学校・職場など、あなたの周りの人たちにも呼び掛けて、
キャンペーンの輪を広げていくお手伝いをしてみませんか?
サポーター登録用紙
「お母さんの命を守るキャンペーン」ちらし
「お母さんの命を守るキャンペーン」ポスター(A2)
※ご署名いただいた登録用紙は、下記の住所までお送りください。1枚で10名まで登録可能です。


国連人口基金(UNFPA)東京事務所は、2009年6月22日から2010年7月11日の「世界人口デー」までの約1年間、「お母さんの命を守るキャンペーン」を日本国内で実施しています。
国連人口基金東京事務所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル7階
TEL: 03-5467-4684 FAX: 03-5467-8556
tokyo.office@unfpa.or.jp
http://www.unfpa.or.jp/mothers
http://twitter.com/UNFPA_Tokyo

このページのTOP

お母さんの命を守るキャンペーン通信 5月 [東京事務所 発行]

2010年5月6日

【1】 いよいよ最終日を迎える「SUPER TOKYO」写真展
【2】 「お母さんの命を守る」メッセージソングができました。
【3】 5/9(日)締切! 「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~
【4】 5/31(月)第3回「いっしょに国連セミナー」で東京事務所長が講演します。

【活動報告】ご協力どうもありがとうございます! サポーター登録者数:23,700名 (2010年5月6日 現在)

いよいよ最終日を迎える「SUPER TOKYO」写真展

表参道ヒルズで行われている写真家レスリー・キー氏の「SUPER TOKYO」写真展が、5月7日(金)にいよいよ最終日を迎えます。

既に約5万人もの方々が来場し、東京で様々なジャンルで活躍する俳優、ミュージシャン、モデル、スポーツ選手や映画監督など1000人のポートレイトとともに、キー氏がフィリピンを訪れ国連人口基金の活動を視察して撮影した、たくさんのお母さんたちの写真も見てくださっています。

「お母さんの命を守るキャンペーン」のボランティア・スタッフも、毎日交代で会場に通い、国連人口基金の活動やキー氏とキャンペーンのコラボレーションについてのご説明をし、それに共感した多くの来場者の方々がサポーター登録をしてくださっています。
その写真展も、いよいよ最終日を迎えます。

7日は、キー氏もずっと会場にいて、写真集をお買い上げいただいた方にもれなくサインをしてくださいます。もしかすると、キー氏がこのプロジェクトに対する想いを熱く語るトーク・ショーもあるかもしれません。まだ行っていない人はもちろん、既に行かれた方も再度、表参道ヒルズでお会いしましょう!

レスリー・キー「SUPER TOKYO」写真展

日時:2010年4月23日(金)~5月7日(金)最終日の7日は、18時まで
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース・オー
主催:SUPER TOKYO実行委員会

「お母さんの命を守る」メッセージソングができました。

国連人口基金東京事務所の「お母さんの命を守るキャンペーン」のサポーターとしてご協力いただいている3組のアーティストが、素敵なメッセージソングを作成してくださいました。それぞれ独自のスタイルと音楽性を活かし、かけがえのない存在である母親の愛情と、途上国で失われている多くのお母さんの命の尊さを歌う、心温まる素晴らしいメッセージソングとなりました。

このメッセージソングの収益の一部は、アーティスト本人のご希望により、国連人口基金の「お母さんの命を守る」活動に寄付されることになっています。

● ロッキー舩山
「母の愛にいだかれて -Save the Mothers of the World-」

● ケイコ・ボルジェソン
「これからのNINA -No Woman Should Die Giving Life-」 

● XUXU(しゅしゅ)
「MOTHER」

5月9日の母の日を前に、所長補佐の上野がTOKYO FMの「Earth & Humanity」でこのメッセージソングをご紹介いたします。スタジオに、ケイコ・ボルジェソンさんもお越しいただき、この歌に込めた想いをお話いただく予定です。このメッセージソングが、メディアで放送されるのは、今回が初めてです。ぜひお聴きください。

TOKYO FM 「Earth & Humanity」

日時:2010年5月8日(土)12時30分~12時55分
放送局:TOKYO FM 「Earth & Humanity」
※放送予定は急遽変更となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

5/9(日)締切!「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~

4月26日より開催している「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~の締め切りまで後3日となりました。みなさま、ご応募いただけましたでしょうか?

応募はとても簡単。「#savemothers 【5月9日お母さん、ありがとう】」と記載しそのあとにお母さんへのメッセージを書くだけです。詳しくはコンテストページをご覧ください。Twitterアカウントをまだお持ちでない方のために、同ページでは登録用ページへのリンクもご案内しています。

これまでにも、心温まる素晴らしいメッセージをたくさんお寄せいただいています。是非一度、こちらのリンクをご覧ください。

キャンペーンを応援いただいているサポーターの皆さまや協力団体の方からご提供いただいた素敵なプレゼントもご用意しておりますので、是非ご応募ください!

茂木健一郎さんも、メッセージをつぶやいてくださっています。

ご応募お待ちしております!

「お母さん、ありがとう。」~母の日メッセージコンテスト~

開催期間: 4月26日(月)12時~5月9日(日)24時
主催:国連人口基金(UNFPA)東京事務所
協力:【個人】明石康/有森裕子/アンドレア・ポンピリオ/池田香代子/石田純一/加藤タキ/坂東眞理子/樋口恵子/別所哲也/茂木健一郎/レスリー・キー
【団体・企業】株式会社 川和ミルク/キユーピー株式会社/株式会社 資生堂/シチズンホールディングス株式会社 /財団法人 ジョイセフ/住友信託銀行大宮支店・新宿支店/株式会社 高島屋/HASUNA Co.,Ltd./株式会社 メリーチョコレートカムパニー

5/31(月)第3回「いっしょに国連セミナー」で東京事務所長が講演します。

5月31日に、国連広報センターは、「いっしょに国連」キャンペーンの一環として、第3回「いっしょに国連セミナー」を開催します。本セミナーでは、参加者がさまざまな国連機関や関係団体の皆さんと「いっしょに」国連の活動やグローバルな課題について学び、理解を深め、具体的に自分に何ができるのかを考えていきます。

今回は、国連人口基金東京事務所の池上がゲスト・スピーカーとして、「ミレニアム開発目標とお母さんの命」をテーマに、国連人口基金の活動についてご紹介する予定です。

第3回「いっしょに国連セミナー」「ミレニアム開発目標とお母さんの命」

日時:5月31日(月) 18時-19時 (受付17時30分より2階にて)
場所:国連大学本部ビル8階 国連広報センター(UNIC)
言語:日本語
主催:国連広報センター
定員および参加費: 50名、無料
対象:学生、一般ほか
申込方法: 参加ご希望の方はEメールで、件名を「いっしょに国連セミナー参加申し込み」とし、以下の事項を明記した上で、 intern.unic@gmail.com まで、5月26日(水)までにお申込みください。
 (1)氏名(漢字・ローマ字表記)
 (2)所属(学校名)・肩書き
 (3)連絡先(TEL、FAX、Eメールアドレス)
<お問い合わせ: 国連広報センター>
担当:高橋 TEL:03-5467-4451/Eメール:intern.unic@gmail.com

サポーター登録の呼びかけにご協力をお願いします。

ご近所・友達・サークル・学校・職場など、あなたの周りの人たちにも呼び掛けて、
キャンペーンの輪を広げていくお手伝いをしてみませんか?
サポーター登録用紙
「お母さんの命を守るキャンペーン」ちらし
「お母さんの命を守るキャンペーン」ポスター(A2)
※ご署名いただいた登録用紙は、下記の住所までお送りください。1枚で10名まで登録可能です。


国連人口基金(UNFPA)東京事務所は、2009年6月22日から2010年7月11日の「世界人口デー」までの約1年間、「お母さんの命を守るキャンペーン」を日本国内で実施しています。
国連人口基金東京事務所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル7階
TEL: 03-5467-4684 FAX: 03-5467-8556
tokyo.office@unfpa.or.jp
http://www.unfpa.or.jp/mothers
http://twitter.com/UNFPA_Tokyo

このページのTOP