活動カレンダー 2006年2月

4日女性外来診療指針ハンドブック刊行記念シンポジウム
-女性医療の現状と展望- [東京]

日時: 2006年2月4日(土)15:00~17:00
会場:UNハウス(国連大学) 3階 ウ・タント国際会議場

女性医療ネットワークと国連人口基金東京事務所が共催で、女性外来診療指針ハンドブック刊行記念シンポジウム「女性医療の現状と展望」が開催されました。女性外来が今日必要とされている意味、日本のこれまでの女性医療やヘルスケアのあり方、今後取り組むべき方向性について話しました。

プログラム

● 第1部(15:05~15:40) 基調講演

「女性外来診療指針ハンドブック刊行にあたり - 女性医療の現状・課題・未来像」
対馬ルリ子(ウィミンズウェルネス銀座クリニック院長 産婦人科)
村島温子(国立成育医療センター 母性内科)
土井卓子(国立病院機構横浜医療センター 外科)
● 第2部(15:40-17:00)-パネルディスカッション-


「女性医療の現場からの提言―編集委員および執筆者による発言」
志村真理子(志村デンタルクリニック 副院長 歯科口腔外科)
小西明美(小張総合病院 健康管理部部長 内科)
田中裕幸(医療法人 ニコークリニック 院長 内科)
対馬ルリ子(ウィミンズウェルネス銀座クリニック院長 産婦人科)
野澤真木子(大腸肛門病センター松島病院・松島ランドマーククリニック 消化器外科・肛門科)
蓮尾豊(弘前レディスクリニックはすお 院長 産婦人科)
坂佳奈子(ウィミンズウェルネス銀座クリニック 外科)
平田雅子(私のクリニック目白 院長 皮膚科)
皆川恵子(ウィミンズウェルネス銀座クリニック 精神科・心療内科)
村島温子(国立成育医療センター 母性内科)
吉野一枝(よしの女性診療所 院長 産婦人科・心理カウンセラー)

活動カレンダー 2006年2月(1)

講演会の始めに、所長池上が挨拶


このページのTOP

11日「緊急支援における心のケアーカウンセリングと国際支援」シンポジウム [東京]

日時: 2006年2月11日(土)13:30~17:00
会場:お茶の水女子大学 理学部 3号館 701室

お茶の水女子大学開発途上国女子教育協力センター主催、国連人口基金 東京事務所後援で、緊急支援に際して心理的ケアの重要性やカウンセリングと国際支援のコラボレーションを考えるシンポジウムを開催しました。海外招聘者講演では、国連人口基金緊急人道支援室技術専門官 ヘニア・ダカックが国連人口基金の緊急人道支援について解説をしました。

活動カレンダー 2006年2月(2)

右端、国連人口基金 緊急人道支援室 技術専門官 ヘニア・ダカック


このページのTOP

18日広島国際ユースシンポジウム [広島]

日時:2006年2月18日(土)10:00~16:00 19日(日)10:00~18:30
会場:広島大学付属中・高等学校

広島国際学生シンポジウム実行委員会主催で、「広島国際ユースシンポジウム」が開催されました。「平和」をキーワードとしたテーマのもと、ディスカッションや講演など、さまざまな行事が開催されました。基調講演では、所長池上が、「日本のユースが平和に対して果たす役割」(予定)について解説しました。

活動カレンダー 2006年2月(3)

シンポジウムにて、衛生キットの実演中


このページのTOP

20日ソロプチミスト東京青山 講演 [東京]

日時:2月20日(月)
場所:青山ダイヤモンドホール

ソロプチミスト東京青山主催で、講演会が行われ、所長池上が「女性の健康を守るために」と題して解説をしました。

このページのTOP

28日結核予防全国大会 [東京]

日時:2006年2月28日(火)
場所:ホテルニューオータニ

財団法人結核予防会主催で、第57回結核予防全国大会が行われました。セッションⅡでは、「アフリカの結核危機と日本の貢献」と題して世界結核デー(3月24日)記念シンポジウムが行われ、所長池上が座長を務めました。

活動カレンダー 2006年2月(5)

このページのTOP

Last updated: 2006-02-01