活動カレンダー 2006年3月

3日東京都中学校性教育研究会 講演[東京]

日時:3月3日(金) 15:00-17:00
場所:新宿区立エコギャラリー新宿 環境学習センター

東京都中学校性教育研究会で、所長池上が「性教育:海外の成功例に学ぶ」と題して講演をおこないました。

活動カレンダー 2006年3月(2)

勉強会後、記念撮影


このページのTOP

3日アフリカ日本協議会代表、国連人口基金 東京事務所来訪[東京]

アフリカ日本協議会 (AJF)代表の林 達男さんが、国連人口基金 東京事務所を訪れてくれました。フィールドでのご経験やNGOの運営をしていくにあたり、そのやりがいや苦労体験などのお話しをしてくださいました。

活動カレンダー 2006年3月(4)

中央、林さんを囲んで、記念撮影


このページのTOP

7日国連人口基金 東京事務所 昼食会[東京]

日時:3月7日(火) 12:30-14:30
場所:我や (GAYA)

国連人口基金 東京事務所主催で、定例の昼食会が行われました。JICAの阿部英樹さんをお招きして、開発援助の歴史と課題、日本の援助の成功と失敗例を中心にお話しをいただきました。

活動カレンダー 2006年3月(6)

マイクロビオティックに対応した食材を用いた料理を囲みながらの勉強会


このページのTOP

8日2006年国際女性の日公開フォーラム[東京]

日本にある国連機関の共同開催により、「女性が参加する意思決定~実り多い社会をめざして~」と題して公開フォーラムが行われました。週日にも関わらず、約230名の人たちが参加をし、「市民社会と女性」、「女性とビジネス」、「女性と学術会」という側面から、今日における女性の地位を振り返り、社会において女性が意思決定者として果たすべき役割について議論を深めました。

プログラム
受付 13:30 - 14:00
司会: ハンス・ファン・ヒンケル 国連大学学長
14:00 - 14:10 コフィー・アナン国連事務総長のメッセージ(ハンス・ファン・ヒンケル 代読)
14:10 - 14:25 女性政治リーダーからのビデオメッセージ
アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相
ジョンソン・サーリーフ リベリア大統領


14:25 - 15:10
基調講演: 佐藤ギン子 (財)女性労働協会名誉会長、(株)日立製作所取締役、前証券取引等監視委員会委員長

15:10 - 16:00 パネル・プレゼンテーション 女性の意思決定の課題と展望
「女性と市民社会」 堀井 紀壬子(NPO法人GEWEL 代表理事)
「女性とビジネス」 永峰 好美(株式会社プランタン銀座 取締役)
「女性と学術界」 グレンダ・ロバーツ(早稲田大学アジア太平洋研究センター教授)

16:00 - 16:30 パネル・ディスカッション
16:30 - 16:45 駐日女性大使からのビデオメッセージ
ボア・リリアン・マリー・ロール大使閣下
ギセ・マイムナ・ジャル大使閣下
ソルマズ・ユナイドゥン大使閣下
ミッシェル・プランシェール・トマシーニ大使閣下

16:45 - 17:45 コーヒー・タイム&インフォメーション・マーケット(2階)

活動カレンダー 2006年3月(8)

国連人口基金 ブースにて、活動紹介


このページのTOP

8日第139回FASID Brown Bag Lunch[東京]

日時:2006年3月8日(水)12:00-14:00
場所:FASID 4階研修室(千代田会館4階)

FASID (財団法人国際開発高等教育機構)主催で、Brown Bag Lunchが開かれました。有森裕子国連人口基金 親善大使を講師として招いて、「一瞬一瞬を精一杯生きること」をテーマにお話しをいただきました。

活動カレンダー 2006年3月(10)

熱心に、会場からの質問に耳を傾ける有森親善大使


このページのTOP

10日有森裕子 国連人口基金 親善大使 エチオピア帰国報告会[東京]

日時:3月10日(金) 13:00-14:30
場所:日本プレスセンター9階日本記者クラブ大宴会場

2月18日から27日までの10日間にわたり、親善大使としては5回目の公式訪問になるエチオピアを訪問し、リプロダクティブ・ヘルスの向上や人口・貧困・エイズ問題などの解決に向けて国連人口基金が実施しているプロジェクトを視察しました。その帰国報告記者会見が行われました。

活動カレンダー 2006年3月(11)

中央、エチオピア帰国報告をおこなう有森親善大使


このページのTOP

10日国際機関活動の説明会[東京]

日時:3月10日(金)14:00-16:55
場所:UNハウス(国連大学ビル) 5階

日本赤十字九州看護大学、及び、城西国際大学大学生に対する、国際機関活動の説明会が行われ、国連人口基金東京事務所からは、所長池上とボランティアスタッフ2名が活動紹介を行ないました。将来国際協力に携わろうとする多くの学生が集まり、日頃から疑問に思っていることなどを熱心に質問していました。

活動カレンダー 2006年3月(12)

このページのTOP

15-17日第40回日本水環境学会年会[仙台]

学会日時:2006年3月15日(水)~17日(金)
講演日時:2006年3月15日(水)15:00-16:20

仙台の東北学院大学で、第40回日本水環境学会年会が開かれました。16日の記念講演会では、所長池上が、「ミレニアム開発目標の達成に向けて- 環境と開発を考える」と題して講演を行いました。

活動カレンダー 2006年3月(13)

このページのTOP

21日青少年国際理解セミナー[東京]

日時:2006年3月21日(火・祝)13:30-15:30(受付 13:00)
場所:六本木ヒルズ内 六本木アカデミーヒルズ 49階「オーディトリアム」

財団法人青少年国際交流推進センター主催で、青少年国際理解セミナーが行われました。所長池上が、「人口減少社会を生きるあなたへ」をテーマに講演を行い、会場からも国際協力に関する幅広い質問がなされました。

活動カレンダー 2006年3月(14)

会場の参加者とコミュニケーションを大切に講演を進める、所長池上


このページのTOP

27日第10回「松本賞」授与式[東京]

日時:2006年3月27日(月)16:30~
会場:グランドヒル市ヶ谷

日本家族計画協会主催で、第10回「松本賞」 授与式が行われました。「松本賞」とは、日本家族計画協会会長松本清一氏の名を冠した顕彰制度であり、日本におけるリプロダクティブ・ヘルス、中でも家族計画・避妊の専門的な分野において功績をあげた第一人者に対して授与されるものです。今回は、日本産科婦人科学会理事長、日本生殖内分泌学会理事長である、武谷雄二氏が授賞されました。

活動カレンダー 2006年3月(15)

右端から3人目、武谷 雄二氏と一緒に記念撮影


このページのTOP

Last updated: 2006-03-01