活動カレンダー 2008年6月

2日 Advisory Committee会合 [東京]

日時:2008年6月2日(月)10:30-12:00
場所:UNハウス(国連大学ビル)12階

東京事務所では2002年の開所当初より、人口問題、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、HIV/エイズ、ジェンダーやメディア等の分野の専門家の方々に、“Advisory Committee for UNFPA Tokyo Office(AC)”のメンバーとしてボランティアベースでご協力を頂き、ご意見をお寄せ頂いています。1年に1,2回程度、国連人口基金本部やフィールドからのスタッフが来日する機会などに会合を開催しています。今回は、第4回TICAD IV)のために来日した国連人口基金事務局長トラヤ・A・オベイドとのAdvisory Committee会合を開催し、約14名のメンバーの方々にお集まりいただき、TICADの報告やメディア戦略などを話し合いました。

活動カレンダー 2008年6月(1)

このページのTOP

5日 判事任官者実務研究会 [埼玉]

日時:2008年6月5日(木)15:00-16:40
場所:司法研修所

司法研修所では、年間を通して、裁判官(判事,判事補,簡易裁判所判事)に対し、経験年数別研修、テーマ別研修、派遣型研修を実施しています。5日には、テーマ別研修の一つである、実務研究会が開催され、東京事務所長が「国際機関の現場から見た人権」というテーマで75名の判事任官者に対し講演を行いました。

活動カレンダー 2008年6月(3)

このページのTOP

7日 日本人口学会第60回大会 [東京]

日時:2008年6月7日(日) 9:30-12:30(午前の部)
場所:日本女子大学 目白キャンパス

日本人口学会第60回大会に東京事務所長とスタッフが合同で参加し、自由論題報告【第1部会】にて「カンボジアのピア・エデュケーション-その現実と課題」というテーマで発表を行いました。会場には20名ほどが集まり、発表終了後も意見交換を行うなど、非常に有意義な場となりました。

活動カレンダー 2008年6月(4)

このページのTOP

12日 早稲田大学 「国際開発援助 理論と実践」 [東京]

日時:2008年6月12日(木) 10:40-12:10
場所:早稲田大学

早稲田大学では、オープン科目を提供し、所属学部に関わらず、早大生なら誰でも受講可能な科目を設け、「講義」と「実践」の融合を図っています。「国際協力」はテーマスタディの一つで、履修者が「国際協力」に関するより深い理解が得られることを目標とし、各回、JICA、国連機関、NGO等の職員を講師として招聘しています。今回は東京事務所長が講師として招かれ、「人口・家族計画をどう進めるか?国際機関の役割」というテーマで講演を行いました。

活動カレンダー 2008年6月(5)

このページのTOP

18日 東北大学 「公衆衛生学/国際保健学」 [宮城]

日時:2008年6月18日(水) 15:00-16:30
場所:東北大学

社会と健康・疾病との関係を理解し、幅広い見地から患者を把握し、そして疾病予防と健康増進に関する理論について理解し、実際に応用できる人材の育成をするため、東北大学医学部では、公衆衛生学/国際保健学講座を開講しています。18日には、東京事務所長が講師として招かれ、「人口家族計画とリプロダクティブ・ヘルス」というテーマで講演を行いました。

活動カレンダー 2008年6月(7)

このページのTOP

20日 国連ライブラリー講座「国連人口基金とその資料」 [東京]

日時:2008年6月20日(金)13:00-15:30
 【第1部】 午後1時~午後2時(質疑応答含む)
 「UNFPAの歴史と活動、今後の展望」
 講師:池上清子(国連人口基金東京事務所長)
 【第2部】 午後2時15分~3時30分(質疑応答含む)
 「UNFPAを知るために -その資料・文書の解説」
 講師:上野ふよう(国連人口基金東京事務所 所長補佐)
     山本美香(国連人口基金東京事務所)
場所:国連大学ライブラリー(UNハウス2階)


6月20日(金)13:00-15:30に国連人口基金スタッフが国連ライブラリー連続講座「国連諸機関とその資料」で「国連人口基金(UNFPA)とその資料」というテーマで講演を行いました。東京事務所長の池上、および上野・山本がお話しいたしました。 第1部では、池上から国連人口基金(UNFPA)の歴史的歩み、現在の活動や今後の展望などについて、大局的なお話をし、そして第2部では、上野・山本から主要刊行物、オンライン情報へのアクセス方法を説明いたしました。

活動カレンダー 2008年6月(9)

このページのTOP

6月30日-7月18日 「世界人口デー」特別記念展示「Attention - 私たちの未来」 [東京]

活動カレンダー 2008年6月(11)

国連人口基金とDEBLI Projectのジョイント展示、今日から開催です。

7月11日、「世界人口デー」に向けての特別記念展示、今年のテーマは、「Attention-私たちの未来」です。

今、世界では3秒に1人のこどもが、そして1分に1人の妊産婦が、命を落としています。特 に開発途上国と先進国の格差は非常に大きく、例えば女性の死亡原因を見ると、スウェーデ ンの3万人に1人に対し、アフガニスタンでは6人に1人の女性が、妊娠や出産に関する原因で 亡くなっています。

そんな現状を踏まえ、「世界中の母と子のいのち」、「未来の子どもたちになにが残せる か…」をテーマに、国連人口基金とDEBLI Projectのアーティストが発信します。

UNハウス1階には、国連人口基金とパートナーNGOの活動を紹介するパネルを合同展示。 2階の展示スペースには、Re-cycleを超えたRe-createをテーマに活動を行っているDEBLI Pr ojectのアーティストが生み出した作品の数々、そしてDEBLIのアイコンでもあるRe-create された動物たちが展示されます。

すべての人は、母から生まれます。そして、すべての人はこどもでした。

国連人口基金×DEBLI Projectの作り出す「伝えるべき何かを考える」そんな世界に、どう ぞあなたも訪れ、そして大切な何かに「気づいて」ください。

開催期間:2008年6月30日(月)-7月18日(金)*週末も開館
時間:10:00-17:30(最終日7月18日は14:00まで)
場所:UNハウス 1、2階 UNギャラリー
参加アーティスト:
KAMI(ストリート系ペインター)
Candle JUN(キャンドルアーティスト)
ENZO(イメージモニュメント・デザイナー)
Debli Animals製作参加アーティスト

UNFPA本部の世界人口デーページはこちら
Debliプロジェクトのウェブサイトはこちら

このページのTOP

外から見ると・・・

活動カレンダー 2008年6月(12)

photo credit: AKIRA ISHIGURO

活動カレンダー 2008年6月(13)

1階の様子・・・

活動カレンダー 2008年6月(14)

活動カレンダー 2008年6月(15)

そして2階に上がるとそこには・・・

活動カレンダー 2008年6月(16)

活動カレンダー 2008年6月(17)

活動カレンダー 2008年6月(18)

photo credit: AKIRA ISHIGURO


活動カレンダー 2008年6月(19)

photo credit: AKIRA ISHIGURO


活動カレンダー 2008年6月(20)

photo credit: AKIRA ISHIGURO


Last updated: 2008-06-01