活動カレンダー 2009年9月

●○● 2009年6月22日から2010年7月11日にかけて、「お母さんの命を守るキャンペーン」を実施しました。このキャンペーン期間中、妊産婦の健康を守るために様々な啓発活動を行いました。このキャンペーンに関する詳細はこちらからご覧ください。●○●

1日-10月9日 国連人口基金展 [埼玉]

日時:2009年9月1日(火)~
場所:住友信託銀行 大宮支店

9月1日(火)より、住友信託銀行大宮支店様に、 「お母さんの命を守るキャンペーン」のパネル展示にご協力頂いています。お近くにお住まいの方は、ぜひご覧下さい。

このページのTOP

2日-4日 Global Partners in Action:
NGO Forum on sexual and Reproductive Health and Development [ベルリン]

日時:2009年9月2日(水)~9月4日(金)
場所:Berin, Germany

詳しくは同コンファレンス ウェブサイトをご参照ください。

このページのTOP

16日-17日 Asia and the Pacific High Level Regional Forum on ICPD at 15 [バンコク]

日時:2009年9月16日(水)~9月17日(木)
場所:Bankok, Thailand

※一般非公開

このページのTOP

27日-10月2日 XXVI IUSSP International Population Conference [マラケシュ]

日時:2009年9月27日(日)~10月2日(金)
場所:Marrakech, Morocco

詳しくは同コンファレンス ウェブサイトをご参照ください。

このページのTOP

27日 第2回富士吉田チャリティー駅伝・マラソン大会 [山梨]

日時:2009年9月27日(日)9:00スタート
場所:富士北麓公園陸上競技場(スタート)~富士五合目(フィニッシュ)

9月27日(日)に「富士山チャリティー駅伝・マラソン大会」が開催されました。本大会には国連人口基金東京事務所も協力しています。

「難民支援に適したスポーツは何か?」という国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所からの問いかけに対し、元オリンピック・マラソン選手で早稲田大学競走部出身の瀬古利彦氏らが、駅伝を通じた難民支援の提案を行ったことから、昨年より始まった企画です。

この駅伝大会は、日本と海外難民キャンプで開催されることに特徴があり、昨年の第1回大会では、富士山でのチャリティー駅伝大会に続いて、タンザニアの難民キャンプにて実施されました。今回も、来年2月にタンザニアの難民キャンプにて駅伝大会が開催されます。

国連人口基金(UNFPA)有森裕子親善大使も大会サポーターとして応援しており、タンザニアの大会に有森親善大使も参加し、現地の難民キャンプの方々と共に走る予定です。

今回の富士山チャリティー駅伝には、参加ランナーに向けた有森さんからの応援メッセージを国連人口基金東京事務所長池上清子が代わってお届けしました。

●主催:「EKIDENforPEACE富士山駅伝大会実行委員会」
富士吉田体育協会/早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)/国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)/その他
●後援:山梨県/山梨県教育委員会/富士吉田市/富士吉田市教育委員会
●主管:富士吉田市陸上競技協会
●協賛:(株)ナイキジャパン/富士急行(株)/アミノバリュー/富士吉田市民体育祭り/富士ミネラルウォーター(株)/その他
●協力:南都留陸上競技協会/都留市陸上競技協会/大月市陸上競技協会/NPO法人富士山クラブ/国連人口基金(UNFPA)東京事務所/国連UNHCR協会/(株)スポーツネットワークジャパン

このページのTOP

Last updated: 2009-09-01