活動カレンダー2012年11月

11月29日 UNFPA公開シンポジウム「女性の人権と開発―家族計画を再び考える」開催

2012年11月14日に発表された国連人口基金(UNFPA)の『世界人口白書2012』は、テーマを「偶然に委ねず、自ら選ぶ 家族計画、人権、そして開発」とし、家族計画を人権と開発のための重要な要素と位置付けています。いつでも必要な時に自分に適した家族計画の手段を安価に入手できることが、女性の人権や開発にとっていかに重要であるかを考察します。この家族計画の満たされていないニーズ(アンメットニーズ)を充足することができれば、望まない妊娠や望まない時期の妊娠を防ぐことができ、多くの女性の命や健康を守ることにつながります。また、それは単に女性の健康の向上のみならず、社会開発の重要な要素ともなります。

家族計画のパイオニアである米国のマーガレット・サンガー氏や日本の加藤シヅエ氏らが、その生涯をかけて、女性の命や健康を守る手段としての家族計画を訴えてから1世紀が経過します。しかし世界の2億2200万人の女性が依然としてそのニーズが満たされていないことが分かっています。また、今年7月11日にロンドンで開催された「家族計画サミット」でも、2020年までにさらに1億2000万人の女性のニーズを満たすための支援が国際社会に呼びかけられ、日本を含むサミット参加国政府からドナー国、途上国あわせて、この8年間で約46億ドルの援助が公約されました。

今回のUNFPA公開シンポジウムでは、2012年の白書のテーマを踏まえて、関連する課題をさらに掘り下げ、人権としての家族計画、また開発のための「鍵」としての家族計画について再び考えてみました。

●日 時:2012年11月29日(木)10:00-12:15(開場・受付 9:30~)
●会 場:日本プレスセンター・ホール10階(最寄り駅:地下鉄・内幸町)
●共 催:国連人口基金(UNFPA)東京事務所、公益財団法人ジョイセフ
●後 援:外務省、国際協力機構、人口問題協議会
●協 力:一般社団法人日本家族計画協会、公益財団法人アジア人口・開発協会(APDA)、NPO法人2050、
日本大学人口研究所、神戸アジア都市情報センター

プログラム
09:30 (開場)受付開始
10:00 開会挨拶:近泰男氏(公益財団法人ジョイセフ理事長)
10:05 祝辞:武見敬三氏(東海大学政治経済学部教授、日本国際交流センター シニアフェロー)
10:10 『世界人口白書2012』(偶然に委ねず、自ら選ぶ 家族計画、人権、そして開発)をどう読むか
        阿藤誠氏(早稲田大学人間科学学術院特任教授)
10:30 パネルディスカッション:女性の人権と開発-家族計画を再び考える
           パネリスト(50音順):
            ・Anyango(アニャンゴ)氏(ニャティティ奏者、日本ケニア文化親善大使)
            ・川島博之氏(東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)
            ・北村邦夫氏(日本家族計画協会専務理事・家族計画研究センター所長)
            ・柳田正芳氏(Link-R代表)
           モデレータ:佐崎淳子(国連人口基金東京事務所長)  
12:15 閉会挨拶:小寺清氏(国際協力機構理事)
※参加無料


今回の公開シンポジウムは、ジョイセフ理事長の近泰男氏のご挨拶と、東海大学教授・日本国際交流センター シニアフェローの武見敬三教授のご祝辞で始まりました。武見敬三教授は、テーマである家族計画の課題を的確にとらえ、今後の展望までを俯瞰してくださり、シンポジウムの主題が参加者にわかりやすく明確なものとなりました。

その後、早稲田大学特任教授の阿藤誠教授は「『世界人口白書2012』をどう読むか」というテーマで講演を行いました。「世界人口白書」の監修者である阿藤教授は、家族計画のテーマを、より世界的な視野と歴史の中で明確に位置付け、また、その重要性を強調して説明してくださいました。

パネルディスカッションでは、パネリストとして東京大学農学部準教授の川島博之氏、日本家族計画協会専務理事・家族計画研究センター所長の北村邦夫氏、Link-R代表の柳田正芳氏、ニャティティ奏者・日本ケニア文化親善大使のAnyango(アニャンゴ)氏にご出席頂き、国連人口基金東京事務所長の佐崎淳子がモデレーターを務めました。

家族計画に関する世界各国の現状と課題、人権としての家族計画、また開発のための「鍵」としての家族計画などについて、活発な議論が行われました。また、約90名の参加者からは、家族計画にとどまらず、日本や途上国のリプロダクティブ・ヘルスの実態や新しい政策を求めるご意見まで様々な質問があがりました。

国際協力機構理事の小寺清氏の閉会のご挨拶では、本シンポジウムで活発に議論された家族計画のテーマに沿って、小寺氏ならではの見識と体験に基づいた内容が盛り込まれ、会場の方々にとっても印象深いお話で本シンポジウムが締めくくられました。

活動カレンダー2012年11月(4)

公益財団法人ジョイセフ近泰男理事長    武見敬三教授


活動カレンダー2012年11月(5)

阿藤誠教授                     川島博之準教授


活動カレンダー2012年11月(6)

北村邦夫氏                     柳田正芳氏


活動カレンダー2012年11月(7)

Anyango(アニャンゴ)氏            パネルディスカッションの様子


活動カレンダー2012年11月(8)

国際協力機構小寺清理事            会場の様子


このページのTOP

11月26日 NHKラジオ「私も一言!夕方ニュース/夕方特集」に出演

17:20から、NHKラジオ第一放送「私も一言!夕方ニュース/夕方特集」に、所長の佐崎淳子が出演しました。番組の出演者である末田正雄さん、有江活子さん、園田矢さんからの質問にお答えする形で、佐崎が『世界人口白書2012』のテーマである家族計画についてお話しました。さらに、国連人口基金が行うべき支援や求められている対策について説明しました。

活動カレンダー2012年11月(15)

NHKラジオにて


このページのTOP

11月23日 ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」に出演

ラジオ日本の「岩瀬惠子のスマートNEWS」番組において、11月23日朝7時17分から8時まで、所長の佐崎が出演しました。番組では、岩瀬氏からの質問にお答えするという形で、国連人口基金の紹介、活動内容、人口問題、高齢化、アフガニスタンでの活動事例、日本における活動などについてお話ししました。また、一般の方々がどのように活動に関われるかということもご紹介しました。

活動カレンダー2012年11月(12)

収録中の様子


このページのTOP

11月22日 中央大学講義

中央大学50名の学生に向けて「NGO・NPOとのパートナーシップ」をテーマに講義を行いました。国連人口基金がNGOと連携して活動を行ってきたこと、東京事務所の国内外のパートナーNGOを紹介しました。また、途上国で実施された、パートナーNGOとの協働の活動事例について説明しました。東京事務所がパートナーNGOとともに行っている広報活動の例を挙げた後、最後に聴講している方々へ今わたしたちができることとして問題を知ること、広めること、活動することを提案しました。

活動カレンダー2012年11月(10)

講義教室の様子                  講義の様子


このページのTOP

11月10日 「国際協力キャリアフェア2012」 講演

東京市ヶ谷の砂防会館にて、所長の佐崎が株式会社国際開発ジャーナル社主催の「国際協力キャリアフェア2012」で国連人口基金の事業紹介と職員のキャリアパスについて講演を行いました。キャリアフェアでは国際機関におけるキャリア紹介の他、政府・JICAの仕事、開発コンサルタントの仕事、模擬授業、留学体験等さまざまな観点から国際協力が紹介され、約600人の学生や一般人が参加しました。

活動カレンダー2012年11月(14)

講演中の所長


このページのTOP

11月9日 FASID開催「アフガニスタンにおけるUNFPAの人口社会経済調査のインパクト」

国際開発機構(FASID)において、セミナー「アフガニスタンにおけるUNFPAの人口社会経済調査のインパクト」が開催され、国連人口基金(UNFPA)アフガニスタン事務所代表のローレン・ゼスレルとカブールを拠点とするNGO「アフガニスタンの女性に対する人道支援(HAWCA) 」の事務局長セライ・ガファール氏が出席しました。ゼスレルが、日本政府からの支援(約11億円)で実施しているUNFPAの人口社会経済データの収集・調査プログラムについて説明した後、ガファール氏が、ジェンダーに基づく暴力(GBV)、女性の地位と権利についてお話ししました。今回のセミナーでは、アフガニスタンの現状と課題について、有意義な議論が展開されました。

このページのTOP

11月9日 文教大学講義

文教大学国際学部国際理解学科・観光学科の学生と教授を対象に、所長の佐崎が「世界と人口-女性のエンパワーメント」と題する講義を行いました。始めに国連人口基金の役割と活動内容を紹介し、重点活動領域のひとつである人口と開発に関して、世界の人口動向と進行している高齢化の現状を踏まえながら解説しました。特に、講義のテーマでもある女性のエンパワーメント(女性の社会的地位向上)は、女性の経済・社会・労働などの社会システムへの参加と効果的・効率的な社会全体の開発、貧困の削減につながるということを説明しました。
講義後の交流会では、聴講した学生の皆さん・教授と様々な内容に関してお話をしました。

活動カレンダー2012年11月(9)

会場の様子                   学生との歓談                    講義後の記念写真撮影  


このページのTOP

11月8日 国連人口基金(UNFPA)アフガニスタン事務所代表来日に伴う報告会・懇談会

UNFPA東京事務所が、「アフガニスタンにおける人口社会経済調査に関する報告会と懇談会」を開催しました。

所長の佐崎淳子が開会の挨拶をし、外務省国際協力局アフガニスタン支援室長の原圭一氏がアフガニスタンにおける開発援助の重要性についてお話ししました。在日アフガニスタン大使館三等書記官のパルワナ・パイカン氏が日本の支援ついて感謝の意を表した後は、UNFPAアフガニスタン事務所代表のローレン・ゼスレルがアフガニスタンの人口調査について報告をしました。さらにNGO「アフガニスタンの女性に対する人道支援(HAWCA)」セライ・ガファール事務局長が、人口調査がアフガニスタン、特にアフガニスタンの女性にとって、どのような重要な影響をもたらすかについて述べました。

活動カレンダー2012年11月(2)

所長                          原圭一氏


活動カレンダー2012年11月(17)

パルワナ・パイカン氏               UNFPAアフガニスタン事務所代表ローレン・ゼスレル


活動カレンダー2012年11月(18)

セライ・ガファール氏                会場の様子


関連の動画


アフガニスタンにおける国連人口基金の活動


アフガニスタンにおける国連人口基金の活動 -社会人口および経済調査-


関連のプレスリリースはこちら

このページのTOP

11月4日 「第27回 日本国際保健医療学会学術大会 自由集会「グローバルエイジング」」講演

岡山大学にて所長の佐崎が「世界の人口高齢化」について講演しました。講演では10月1日に実施されたシンポジウム「21世紀の高齢化:祝福すべき成果と直面する課題」における国連人口基金事務局長のメッセージおよびヘルプエイジ・インターナショナルや日本・中国・韓国の専門家の報告を紹介しました。この集会ではWHOにおける高齢化への取り組み、国立社会保障・人口問題研究所の林玲子部長による報告、長崎大学増田先生および京都大学の野口先生によるアフリカにおける高齢化社会について、筑波大学の田宮先生による研究班経過報告などの講演もありました。

活動カレンダー2012年11月(13)

講演中の所長                    会場と参加者の様子


このページのTOP

11月3日 「JICA国際協力人材セミナーin関西」講演

JICA関西にて所長の佐崎が、国際公務員・国際機関を目指す180名の参加者を対象に国際機関の仕事について講義をしました。外務省国際機関人事センター室長の伊藤賢穂氏が「国際機関公 務員になるために」ついてお話しされた後、佐崎は国連人口基金の活動内容、佐崎のキャリアパス、国連機関で働くことについてなどをお 話ししました。講演後の質疑応答の時間には、国連のキャリアに関するたくさんの質問を受けました。

活動カレンダー2012年11月(11)

講演中の所長                    会場と参加者の様子


このページのTOP

Last updated: 2012-11-01