活動カレンダー2012年12月

12月1日-28日 あったかホール「ECO PLAZA」:パネル展示

展示期間:12月1日(土)~12月28日(金) 毎月第1月曜日は休館
開館時間:午前10時~午後17時
展示場所:八王子市あったかホール「ECO PLAZA」
〒192-0906 東京都八王子市北野町596-3
お問い合わせ:電話 042-656-4126  FAX 042-645-0133 E-mail info@attakahall.com

東京都八王子市あったかホール内「ECO PLAZA」において、国連人口基金の活動を紹介する展示会が開催されました。性と生殖に関する健康と権利(SRH/RR)の推進や女性のエンパワーメント(女性の能力強化を通じた社会的地位の向上)などの課題に関する20枚のパネルが展示され、約1200名以上の方々にご来場いただきました。多くの方々に国連人口基金の活動理念や具体的な援助の内容を知ってもらう、素晴らしい機会となりました。

活動カレンダー2012年12月<br />
(2)

展示会の様子


12月1日 日本大学大学院総合社会情報研究科 第4回 公開講座

日本大学にて第4回公開講座が開催されました。講座では 国連人口基金東京事務所の前所長であり現日本大学大学院総合社会情報研究科の池上清子教授の紹介の後、現所長の佐崎が「21世紀の高齢化社会」と題する講義をしました。

●日 時:2012年12月1日(土)14:00~16:00
●会 場:日本大学会館701会議室
●所在地:東京都千代田区九段南4-8-24
(JR総武・中央線,東京メトロ有楽町線・南北線,都営地下鉄 新宿線「市ヶ谷」駅下車徒歩2分)
●講 師:佐崎淳子(国連人口基金東京事務所長)

講義では、世界人口推移グラフを用いて2011年に70億人を突破したこと、人口増加だけでなく高齢化が世界全体で進行していることを説明しました。

次に、今年10月1日に国連人口基金が発表した報告書「21世紀の高齢化 祝福すべき成果と直面する課題」から、60歳以上の3人のうち2人は途上国で暮らしていること、高齢化は開発途上国でもっとも進んでおり、2050年までには60歳以上の5人に4人が開発途上国で生活するとの予測がされているなど、高齢化の現状について紹介しました。

最後に、さらなる高齢者への支援と国際的な協力体制が必要であることを示唆し、高齢化分野における国連人口基金の活動内容を報告しました。

質疑応答では、聴講者の方々から高齢化に関する様々な質問が飛び交い、議論が深まる場となりました。

活動カレンダー2012年12月<br />
(1)

会場の様子                       講演中の所長


このページのTOP

Last updated: 2012-12-03