活動カレンダー2014年3月

3月24日 「国際人口開発会議から20年:2014年以降の展望」(ICPD Beyond 2014)に関する会議 開催

3月24日 「国際人口開発会議から20年:2014年以降の展望」(ICPD Beyond 2014)に関する会議 開催
「国際人口開発会議から20年:2014年以降の展望」(ICPD Beyond 2014)に関する会議を、3月24日に国連大学ビルにて開催しました。そのために国連人口基金広報渉外局長ダイアン・スチュアート、国連人口基金開発技術部専門家ダニエル・シェンツルが来日し、会議に参加しました。
本会合では、人口と開発 (人口動向、高齢化、女性、若者、人口移動、都市化、持続可能な開発と環境)、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、家族計画、性教育、女性の健康、児童婚、女性 性器切除(FGM/C)、女性のエンパワーメント、ジェンダーの平等、ジェンダーに基づく暴力(GBV)の予防・撤廃、 ウィメノミクス, アフリカ開発会議(TICAD V)等に関連する分野でご活躍の方々をお招きし、2月12日 に国連事務総長 潘基文とともに弊基金事務局長ババトゥンデ・オショティメインが発表した「ICPD Beyond 2014 Global Report」に基づいて、1994年から20年間にわたる、ICPD (国際人口開発会議)の成果と今後の課題等についてご報告しました。また、今後の課題と方針、そしてこれらをどのようにポスト2015年開発アジェンダに組み込んでいくかについて活発な議論が交わされました。
なお、「ICPD Beyond 2014 Global Report」は以下のリンクからダウンロードできます。(英語)
ICPD Beyond 2014 Global Report

活動カレンダー2014年3月(2)

  • (左)UNFPA広報渉外局長ダイアン・スチュアート
  • (中央)UNFPA開発技術部専門家ダニエル・シェンツル
  • (右)武見敬三 参議院議員
活動カレンダー2014年3月(3)

  • (左)JICA 杉下智彦アドバイザー
  • (中央)東海大学 小貫大輔先生   
  • (右)国立社会保障・人口問題研究所 林玲子国際関係部長   
活動カレンダー2014年3月(4)

  • (左)所長の佐崎と武見敬三 参議院議員
  • (中央・右)会議の様子
活動カレンダー2014年3月(6)

  • (左)左より 聖路加看護大学 新福洋子先生 国立保健医療科学院 堀井聡子主任研究官 
  • (右)左より 日本大学 柳下真知子先生 NPO法人2050 西内正彦理事 NPO法人2050 北谷勝秀理事長
活動カレンダー2014年3月(5)

  • (左)左より JICA 杉下智彦アドバイザー JICA 大井綾子氏 
活動カレンダー2014年3月(8)

活動カレンダー2014年3月(7)

3月1日‐2日 国際シンポジウム「個人・家族・国家のゆくえ-文化人類学と人口学からの学際的アプローチ」

大阪の国立民族学博物館にて、日本語とフランス語で行われた国際シンポジウム「個人・家族・国家のゆくえ-文化人類学と人口学からの学際的アプローチ」において、所長の佐崎がセッション5「開発援助と社会科学研究との接点」の司会を務めました。
このシンポジウムは、国立民族博物館とフランス国立パリ・デカルト大学人口開発研究所との学術連携にもとづき、学際的な国際共同研究の一環として開催されました。佐崎が司会を務めたセッション5は、2日間のシンポジウムの講演をもとに、研究者と開発援助の実務者間における意見交換が行われ、人口問題、国際人口移動、保健医療に関する開発援助において研究者に求められている点、実務と研究レベルにおける葛藤などについて話されました。さらには、それぞれの制度、組織の違いや、研究者の立場や役割の相違などについて情報共有し、現場の研究者による具体的な議論が展開される場となりました。

活動カレンダー2014年3月(1)

このページのTOP